スタッフの声

スタッフの声 一覧

姫嶋 幸司
姫嶋 幸司【平成28年入職】
みずほ学園
生活支援員
別府大学文学部人間関係学科
これが私の仕事
食事や入浴などの生活全般の支援をして、安心して安全に生活が送れるようにすることです。日中は生活介護の活動として運動や制作・演歌ビクスなど日によって違った活動を行い利用者の方々と楽しく、無理のない範囲で自分たちのできる事に一緒に挑戦しています。また外出や行事など利用者の方々が楽しく過ごせるような活動を企画して利用者の方々と一緒に取り組んでいます。
仕事へのやりがいは?
利用者の方々の笑顔を見ることです。皆さん屈託のない笑顔を見せてくれるので、その笑顔を見ていると自然とこっちも笑顔になります。利用者の方々は一人一人違った個性を持っているのでどんな声掛けをしたら笑ってくれるのか、どんなことが好きなのかなど日々色々なアプローチをして反応が返ってくるのがとても嬉しいです。
思い出に残っているエピソード
学生の頃からボランティアサークルに所属していて、その中でみずほ厚生センターの文化祭にボランティアとして参加しました。利用者さんと一緒に文化祭を見て回るのがとても楽しく、分からないことも職員が優しく対応してくれたのを覚えています。それがきっかけで、働くならこのような施設がいいなと思うようになりました。2つ上の大学の先輩が同じ法人で仕事をしていて、とても良い職場だと話を聞いていたこともきっかけの一つだと思います。
利用者・ご家族の方へ一言
知的障がいを抱える人たちとの関わり方について最初は戸惑うことも多く、どうしたらいいか分からずに敷居が高く感じるかもしれません。しかし実際に関わってみるとそこまで身構える必要はなかったのだと思えます。大変なことや悩むことも勿論ありますが、その時は同じ職場の上司や先輩、仲間たちが力を貸してくれます。人と関わる仕事はとても楽しく、やりがいのあるものだと思うので一緒に頑張れる日を楽しみにしています。
松尾 愛
松尾 愛【平成30年入職】
ホームヘルプサービスセンター四季の郷
ホームヘルパー
智泉総合福祉専門学校 介護福祉士学科
これが私の仕事
障がいを持つお客様からヘルパーの派遣依頼を受けて、予定の調整やヘルパーの派遣、移動支援の外出計画を立てています。その他に請求業務や支援会議にも参加しています。
仕事へのやりがいは?
移動支援の依頼が多く、毎週10枚前後の計画書を作っています。
移動支援はお客様が外出する際に、身体介護の他にも公共交通機関の使い方や料金の支払い等お客様が外出で困ることをサポートする支援です。お客様の希望の場所へ行くので、臼杵市内だけでなく市外、県外へ出かけられる方もいます。
その時に、何時に何に乗ってどこまで移動するのか、いくらかかるのかを調べ、このお客様はどういったところに注意が必要なのかを記入して計画書を作ります。たくさんのお客様が様々な場所へ行くので毎回計画書の作成は大変ですが、自分の立てた計画でお客様やご家族が喜んで下さった時には仕事のやりがいを感じます。
思い出に残っているエピソード
私は元々おばあちゃん子だったので高齢者のお世話をする仕事に就きたいと思っており、平成12年4月に四季の郷に入社しました。実家が近いこともありますが、当時四季の郷は開所2年目で皆で施設を作り上げている所に魅力を感じました。
特養からショートステイの担当・主任を経て、居宅訪問(ホームヘルパー)障がい部に異動して14年弱働かせて頂きました。その後は結婚を機に一度退職しました。
育児が少し落ち着いたのでまた働きたいと思うようになり、退職後も交流のあったヘルパー主任に相談し、今年再び入社しました。
現在は、まだ子供が小さいので「短時間の正社員(6時間勤務)」という形で勤めています。
利用者・ご家族の方へ一言
みずほ厚生センターは本当に色々なことが学べる所です。実際に私も特養・ショートステイで高齢者介護、ヘルパーで障がい者支援に携わることができ、入社時には考えもしていなかった経験がたくさんできました。
福祉に興味を持っている方、みずほ厚生センターで一緒に働きませんか?
佐藤 崇央
佐藤 崇央【平成27年入職】
聖心園
生活支援員
別府大学短期大学部保育科
これが私の仕事
私が現在勤務している聖心園は、知的障がい者の入所施設です。入所施設とは簡単にまとめると生まれ持った障がい等の様々な事情で居宅での自立した生活を送る事が難しい方々が生活していく場のことを指します。その中で私達支援員(当法人ではパートナーと呼びます)は利用者の方々の入浴や食事支援、外出支援等、生活全般の支援を行わせて頂いています。時には利用者の方々のグループ旅行の引率や、四季折々の行事の企画、地域の行事への参加など、多岐にわたって支援させていただいています。
仕事へのやりがいは?
日々利用者の方々と関わっている中で「こうすればもっとよくなるのではないか?」「この方にはこういう支援がいいのではないか?」と感じる事があります。その気づきを他の支援員に伝え、会議で意見を集約し、支援に反映させることで利用者の方々のより良い生活に繋げていく事が私のやりがいとなっています。
思い出に残っているエピソード
私は保育科を卒業しており、入学当初は保育士として働くことを志していました。しかし、ボランティアで障がい者施設でお手伝いをさせて頂いたり、短期大学で学びを深めていくうちに障がい者施設への興味を持ち始めました。そのことを先生に相談した所、みずほ厚生センターを勧めて頂き、入社する事となりました。
利用者・ご家族の方へ一言
卒業後の就職先はとても悩むものだと思います。その中で少しでも当法人へ興味を持たれた方がいれば是非一度見学へ来られてください。当法人は学生の方々の見学やボランティアを積極的に受け入れています。是非一度当法人の雰囲気を感じて頂き、就職先を決める際の一つの選択肢に入れて頂ければと思います。皆様と一緒に働ける日を心からお待ちしています。
小野 清美
小野 清美【平成17年入職】
特別養護老人ホーム 四季の郷
介護士
別府女子短期大学
これが私の仕事
四季の郷で生活するお客様の生活介助を中心に行なっています。主な仕事はオムツ交換や食事や入浴の介助や見守り等です。飲み込みの悪い人や入れ歯の状態などに合わせて栄養士や看護師と話し合い、食事の形態を変更します。入浴では、お客様の身体の状態や体への負担を考慮して、普段皆さんが入っているお風呂から横になった状態で入る事が出来るリフト浴や座った状態で入れるチェアー浴に入ってもらい、ゆっくりと入浴できるよう支援します。また、季節に合わせた行事やレクリエーションを企画・運営を行っています。苑内では毎月、誕生日会を行い、四季全体でお客様の誕生日をお祝いしています。また、年に数回、食事やおやつのバイキングを行い、普段とは違う豪華な食事を楽しんで頂いています。
仕事へのやりがいは?
ユニットごとに日頃の様子やケアの方法などを検討しています。私はせせらぎユニットに所属していますが、ユニット別のミーティングでは、各職員が担当するお客様について、どのようなケアを提供したらよいかを提案し他の職員に意見を求めます。「こんな風にしたらいいよ」「○○さんは実はこんな人だから、こうした方がいいかも!」とたくさん意見が出て、自分一人だけでは気づかない事もたくさんあり、毎回充実したミーティングになっています。
思い出に残っているエピソード
「あんたがこうしてくれたけん助かったわ」「ありがとう」とお客様から声を掛けてもらえると「これでよかったんだ。間違ってなかったんだ」と安心すると同時にとても嬉しく思います。また、ふとしたことや行事などの場面で普段とは違う表情をお客様が見せてくれる事もあります。四季の郷の駐車場では4月前後になると桜が満開になります。お客様を連れ、お花見と称して、毎年苑の周りをお散歩しています。普段、少しむっとした表情のお客様やあまりお話をしないお客様などお散歩した際に「綺麗やな」と笑顔でお話をしてくれると、こちらも嬉しくて自然と笑顔がこぼれてきます。
利用者・ご家族の方へ一言
いつもたくさんの笑顔にあふれている四季の郷です。きつい事ももちろんあるかと思いますが、職員もお客様もいつも素敵な笑顔で過ごされています。そんな四季の郷でたくさんの学生さんが楽しく、笑顔で働いていけるよう、私達職員も全力でサポートしていきます。四季の郷で一緒に働きませんか?皆さんが入職するのを心からお待ちしております!
黒木 勇輔
黒木 勇輔【平成28年入職】
あらかし商会
作業支援員
別府大学 文学部人間関係学科
これが私の仕事
一般・福祉就労のための知識や能力の向上のために必要な訓練を行っています。室内では美容室で使われるケープやタオルのクリーニング作業、野外作業ではハウス内で野菜の水耕栽培や出張作業でカボスの収穫や除草作業等さまざまな作業をしており、利用者さんの支援をしながら一緒に作業をしています。
仕事へのやりがいは?
日々の業務の中で個人個人にあった支援方法を模索しながら支援をしています。普段の関りの中で利用者さんに合った促し方や支援が出来た時や、支援をさせていただいた利用者さんから「ありがとう。」と言っていただいた時にやりがいを感じます。
思い出に残っているエピソード
私の入社のきっかけはボランティアでした。募集されていた「まんぷく食堂」のボランティアに参加しました。「子供たちがにぎやかに楽しく食卓を囲む機会を持ってほしい、栄養の取れた食事をおなか一杯食べてもらいたい」という思いを実現して取り組みとして行っている事、その時に来ていた方々の楽しそうな様子、職員の方の対応方法と雰囲気がとてもよく感じ、自分もこの職場で働きたいと感じました。
利用者・ご家族の方へ一言
仲が良くなんでも相談できる環境です。大変なこともありますが、楽しく仕事をしています。まだまだ覚えることはたくさんありますが優しい先輩に教わりながら仕事を覚えています。