障害者支援施設聖心園

所在地
〒875-0051 大分県臼杵市大字江無田1600-5
TEL
FAX
0972-63-0791
050ダイヤル

※NTTコミュニケーションズの050IP電話や無料通話先プロバイダの050IP電話から
ご利用の場合:通話料は無料です。

事業の目的
入浴、排せつ及び食事等の介護及び自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談及び助言その他必要な支援を行うことを目的とします。

施設の基本情報

事業の種類
指定施設入所支援事業  大分県4410600078号
指定生活介護事業    大分県4410600078号
指定短期入所事業    大分県4410600078号
日中一時支援事業
ジョブコーチ事業
開設年月日
昭和51年7月1日
営業日・営業時間
各サービス内容詳細でご確認ください。
施設長氏名
高橋 智秀
利用対象者
障害児及び障害者(利用内容等により異なりますので直接お尋ねください。)
利用料金
利用内容等によりそれぞれ異なりますので直接お尋ねください。
建物の構造
鉄筋コンクリート造3階建て(耐震耐火構造 海抜44M)
建物の延べ面積
3220.98㎡
居室の状況
一人部屋:49室 二人部屋:14室
施設の周辺環境
臼杵市中心部から西に位置し、臼杵市医師会立コスモス病院の奥になります。臼杵市内や臼杵湾が見渡せる海抜44mの小高い所で、天気のよい時は遠く無垢島、沖無垢島まで見える眺めのよいところです。
食堂(2ヵ所)1F 30名・2F 20名 利用可能
浴室(2ヵ所)1F・2F 各1ヵ所
娯楽室(7ヵ所)各室TV・冷暖房完備
大ホールダンスや演歌ビクス、動作法など
様々な活動を提供する場所です。
居室(1〜2名)畳6〜12帖 各室冷暖房完備
短期入所居室(1〜2名)畳6〜12帖・冷暖房完備

施設の特徴(サービス内容)

聖心園は3つのサービスを選ぶ事ができます。

通う

日中一時支援サービス【利用定員 5名】

日中に介護を行う家族の方が疾病やその他の理由により居宅での介護が一時的に受ける事が困難になった方を対象にサービスを提供することを目的とします。

利用対象者
障害程度区分が区分1以上の方
営業日・営業時間
通年・午前7時~午後9時
生活介護サービス【利用定員 80名】

主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行うことを目的とします。

利用対象者
地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方で、障害程度区分3以上(50歳以上は2以上)の方
営業日・営業時間
月曜日から金曜日・午前9時~午後4時

泊まる

短期入所サービス【利用定員 5名】

介護を行う家族の方が疾病やその他の理由により居宅での介護が一時的に受ける事が困難になった方を対象にサービスを提供することを目的とします。

利用対象者
障害程度区分が区分1以上の方
営業日・営業時間
通年・24時間

暮らす

施設入所支援サービス【利用定員 70名】

主に夜間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行うことを目的とします。

利用対象者
障害程度区分4以上(50歳以上は3以上)の方又は自立訓練又は就労移行支援(以下「訓練等」)を受けている方で、施設入所が必要な方
営業日・営業時間
通年・24時間

日常生活の支援

起  床
7:00
食  事
朝食7:30~ 昼食12:00~ 夕食18:00~
利用者の年齢や障害の特性、身体の状況及び嗜好によって、適切な栄養量及び内容の食事の提供を行います。また、そのための栄養管理も行います。
着  脱
生活のリズムを整え、毎日の着替えを行いながら、一人で着脱ができるように支援します。
入  浴
基本的に毎日入浴を行います。利用者の身体の状況と希望等を伺った上、できる限り自立して清潔保持が可能となるようめざし、入浴が困難な場合には清拭をおこなうなど適切な方法で実施します。
排  泄
利用者の心身の能力を最大限活用し、排泄の自立に向けた支援を行います。
介  護
利用者の心身の状況に応じて、利用者の自立の支援と日常生活の充実を図るよう適切な技術をもって支援を行います。
整容(歯磨き・洗面含む)
個性に配慮し、適切な整容が行われるように支援します。
生活訓練
生活能力の維持向上のための食事や家事等の日常生活能力等を向上するための訓練を行います。(日常生活訓練・社会適応訓練等)
睡  眠
消灯時間22:00・起床時間7:00 ※利用者の年齢等による
理容・美容
随時、理容・美容サービスを実施しています。(料金は実費負担)
相談及び援助
当施設は、利用者及びその家族からいかなる相談についても誠意をもって応じ、可能な限り必要な援助を行うように努めます。<相談窓口>生活支援員等

社会生活の支援

日常生活訓練
基本生活習慣の確立として、食事・移動・整容・トイレ動作・入浴等の支援を行います。
社会生活技能訓練
他者との良好な関係を形成し、それを維持していくための知識や技術のスキルを身に付けるように訓練を行います。
※ 会話技 ※ 食事の用意 ※ 余暇 ※ 服薬管理 ※ 金銭管理
※ 交通手段 ※ 身だしなみ ※ 症状の自己管理
※ 社会生活の問題解決等

社会的活動の支援

くもん学習療法

障害者施設において全国初の導入施設です。週5回の学習療法を実施します。
※くもん学習療法を行うことで、前頭前野を活性化し、その機能を向上させることで、さまざまな能力の向上を期待しています。

くもん学習療法
スヌーズレン
光、音、におい、振動、温度、触覚の素材等を組み合わせた感覚刺激空間を用いて利用者にとって最適な余暇やリラクゼーション活動を提供します。
クラブ活動
趣味活動を通じ、QOLの向上や社会参加の促進を推進します。
※演歌ビクス・ダンスクラブ・生け花クラブ等
余暇及び
レクリエーション
利用者のニーズに応じたレクレーションや余暇活動を企画・実施いします。
創作活動
利用者の『生きがい作り』を目的として、利用者のニーズに応じ、様々な創作活動を提供します。
生産活動
利用者のニーズに応じ、生産活動の機会の提供を行います。また、生産活動による収入から生産活動に必要な経費を控除した額に相当する金額を工賃として支払います。アロマキャンドル制作・墓掃除・除草(家庭・公園等)等

医療及び健康管理

健康管理
常時は看護師により、診察、疾病予防、健康管理に努めます。また、緊急時必要により主治医あるいは協力医療機関等に責任をもって引き継ぎます。
利用者が外部の医療機関に通院する場合には、その付き添い等について配慮します。
(付き添い料がかかる場合があります。)
服薬の管理
看護師が行います。
通院・治療
看護師等が行います。(付き添い料がかかる場合があります。)

1日のスケジュール

7:00
起床
7:30
朝食
ADL支援
(検温・歯磨きなど)
9:30
活動
※金曜日はシーツ交換を行います
11:30
昼食
13:00
入浴
17:30
フリータイム
夕食
ADL支援(歯磨き)
20:00
就寝準備
(着替え・布団敷きなど)
22:00
完全消灯

年間行事

フライングディスク大会
福岡旅行
発表会
生け花活動
居酒屋
クリスマスバイキング

お申し込み・苦情受付

利用申し込み

お住まいの福祉事務所へお申し込みください。

苦情受付

サービスについての相談や苦情については、次の窓口にて対応致します。

当施設苦情受付担当者
電話番号
FAX 番号
0972-63-0791
相談受付者
佐藤 毅・佐藤 哲志郎
対応時間
毎週月曜日~金曜日 8:00~17:00
みずほ厚生センター 障がい部
苦情解決責任者
みずほ学園施設長 足立 幸夫
第三者委員
委員名
元民生委員 吉井 賀代
元民生委員 齋藤 優子
元民生委員 河野 千鶴子
相談日・時間
毎月第2土曜日 13:00~15:00
相談場所
聖心園 相談室

当施設以外に次の公共機関で苦情申し出が出来ます。

大分県運営適正化委員会
電話番号
FAX 番号
097-551-5454
Eメール
o-kensya@jeans.ocn.ne.jp